「人生を決めるのは脳が1割、腸が9割! 「むくみ腸」を治せば仕事も恋愛もうまく行く」 2014/12/23 小林 弘幸 92点 [♯256]

「むくみ腸」が5ミリやせれば、ウエストは5センチやせる人生は5倍大きくなる!!  

 

 

腸の「むくみ」は若さと健康のバロメーター

 

 

24時間休まずに動いている腸は、消化だけではなく、実は免疫も司り、脳よりずっとエライ

 

なので、 ダイエットや便秘改善のためだけではなく、「むくみ腸」を解消すれば、ココロとカラダの健康が向上し、人生もハッピーになる一冊です!
 

 

脳に偏重した従来の医学の発想を根底から覆し、外部世界との接触窓口である腸の重要さを再認識する企画。 

 

 

 

 

こんなあなたにオススメです

 

・体が重く、つねにだるさがある

・眠りが浅い

・疲れやすい

 

 

オススメ、共感を得たフレーズ

 

第1章 ストレスが作る「人生のむくみ」

 

・血流が滞っているように、人生もどこかで滞ってしまっている

「心のむくみ」が、「体のむくみ」に

 

  

第2章 食事で「むくみ腸」を治す「六の法則」

 

・むくみ腸を改善すれば、その人が抱えている健康上の問題の7割は解決されます

・疲れているときほど意識して早起きを… 日の光を浴びる… 自然のリズムと同調 

  

  

 

第3章 むくみが増える食事と増えない食事

・むくみがあるのは、慢性的な水不足によるもの… こまめに水を飲む

 
  

 

第4章 むくみ知らずに生きる運動術

 

呼吸のスピードを意識するだけで、メンタルは楽にコントロールできる

作り笑顔でも、心身は十分リラックスする  
 

  

 

第5章 「むくみ腸」が脅かすメンタル

便の滞りは心の滞り… 心に何がつまっているのか、問いかけることが大事   

 

  

 

第6章 「むくみ腸」から「むくみ脳」への道

うつの発症に深くかかわるセロトニンも、95%は腸でつくられている
 

  

 

第7章 むくみ知らずの生き方

 

・不運に見舞われたら、ただ心のなかで「誰のせいでもない」と唱える

これまでの人間関係を手放して初めて、新しい人間関係が生まれる  

 

 

 

この本の評価

 

  ■内容     :4.5

  ■読みやすさ  :4.5

  ■実践しやすさ :5.0

  ■健康リテラシー:4.5

  ■総合     :4.5

 

 

 

 

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

著者

小林弘幸(こばやし・ひろゆき)

1960年、埼玉県に生まれる。順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。1987年、順天堂大学医学部を卒業。1992年、順天堂大学大学院医学研究科(小児外科)博士課程を修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立病院外科で勤務したあと、順天堂大学小児外科講師、助教授を歴任、現職に至る。日本初の便秘外来を開設し、腸のスペシャリストとして活躍。多くのトップアスリートや芸能人のコンディショニングやパフォーマンス向上に関わり、テレビの健康番組でのわかりやすい医学解説に定評がある。

 

 

 

 

関連おすすめAmazonカスタマーレビューなどの評価値も参考)

 

 

「腸をキレイにしたらたった3週間で体の不調がみるみる改善されて40年来の便秘にサヨナラできました!」2015/5/23 松本明子(著), 小林弘幸 (監修) 92点 104冊目

「医師が教える 1分腸活」2019/6/6 小林 弘幸 89点 [♯6]

「不摂生でも病気にならない人の習慣: なぜ自律神経の名医は超こってりラーメンを食べ続けても健康なのか?」2020/1/30 小林 弘幸 87点 [♯243]

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。