医師」カテゴリーアーカイブ

「ステージ4のがんを治す! 」2020/3/6 赤木 純児 91点 [♯375]

三大標準治療(手術、抗がん剤、放射線)ではがんを治せない。     医者から見放されたステージ4の末期がん患者たちは、「がん難民」と呼ばれ、その数は60万人以上といわれている。      そんな患者たちを受け入… 続きを読む »

「手術件数1000超 専門医が教える がんが治る人 治らない人」2019/1/29 佐藤典宏 91点 [♯374]

ガンが早く発見され、手術がうまくいったとしても、一部の患者さんは、残念ながら、数年以内に再発して命を落とします。      一方、手術と抗がん剤の併用治療を行い、再発・死亡リスクが高く、かなりがんが進行した状態… 続きを読む »

「がんが消えていく生き方 外科医ががん発症から13年たって初めて書ける克服法」2020/10/1 船戸崇史 93点 [♯373]

13年前に腎臓がんを発症した著者の船戸崇史医師。     がんの外科手術などを通してがん医療に数十年にわたって携わってきた著者が選んだ治療法とは?           腎臓がんは再発率の高いがんでもあり、摘出手術を行った… 続きを読む »

「名医が実践する「疲れない」健康法 50歳からの疲労は自律神経が原因だった」2020/11/13 小林 弘幸 92点 [♯371]

疲労は万病を知らせるサイン。   体を動かした後の良い疲れならいいのですが、悪い疲れは要注意なのです。       血流が悪くなると肩こりや腰痛、だるさを引き起こします。           さらに深… 続きを読む »

「がんを生きる緩和ケア医が答える命の質問58」2020/9/16 大橋 洋平 92点 [♯370]

「再発が怖くてたまりません」     「セカンドオピニオンをとりたいけれど、主治医を裏切るようで後ろめたくて」     「小児がんで予後が良くない10歳の娘に、“私、死んじゃうの”?と聞かれて悩んで… 続きを読む »

「自律神経を整える「長生き呼吸法」」2020/5/23 小林弘幸 93点 [#367]

自律神経の名医が考案!      腸を刺激する呼吸法で全身に良質な血液が駆け巡る。              自律神経と腸内環境へ同時にアプローチし、免疫力を素早くアップ… 続きを読む »

「最強の医師団が教える長生きできる方法」2020/9/26 坂本 昌也他 89点 [♯364]

健康法がたくさんあり過ぎて、なにがベストな選択なのか悩んでいる方、必読の書!!   人生100年時代に突入し、健康長寿への意識が高まる一方、「寝たきり期間世界一」の日本。     シニアになると誰もが意識する「健康長寿」… 続きを読む »

「「楽しむ力」が心の免疫力を高める」2019/12/14 和田秀樹 90点 [♯361]

楽しい気持ちでいる時、機嫌のいい時は、心は元気です。     また、食欲もあり、積極的に行動でき、よく眠れます。   体の調子もよいのです。        心の状態が良い人、活発でほがらかな… 続きを読む »

「不要なクスリ 無用な手術 医療費の8割は無駄である」2016/10/19 富家 孝 94点 [♯360]

コロナ禍のなか、1日でも健康寿命を伸ばすためにおススメの本です!      「医者に嫌われる医者」しか書けない医者が勧めるクスリ、手術、医療のウソ。     「医者に嫌われる医者」を自認して… 続きを読む »

「自律神経を整えたいなら上咽頭を鍛えなさい 脳の不調は鼻奥から治せ」2020/3/20 堀田 修 88点 [♯359]

原因不明の心身の不調を抱える患者さんの鼻奥を調べると、上咽頭という部分に炎症が認められます。     上咽頭は、免疫の関所であるとともに、自律神経のコントロールに密接に関わっています。      この上咽頭を強… 続きを読む »