「喜びから人生を生きる! ― 臨死体験が教えてくれたこと」2013/6/18 アニータ・ムアジャーニ 95点 [♯346]

45カ国で100万部超のベストセラー 

末期癌から生還したアニータのすばらしいメッセージ!
  

 

病気の本当の原因は、「恐れ」だった 

 

 

 

 

恐れずに本当の自分を生きたいと願う、すべての人に贈る奇跡の実話の一冊です! 

 

 

 

臨死体験の本は数多く出版されていますが、本書が際立っている理由は、臨死体験後、末期癌から奇跡的治癒を遂げたことにあると言えるでしょう。  

 

 

死を迎えようとした時、アニータはほとんど全身を癌にむしばまれていましたが、臨死体験後、すべての癌が短期間のうちに、一つ残らず消えてしまったのです。 

 

臨死体験中、アニータは、自分が癌になった理由は、「人と違う自分を責め、ありのままの自分を愛せなかったからだ」と悟ります。 

 

いつも他人と比較し自分は愛されるに値しないと信じ、他人に認められたいと努力してきた結果、そのような恐れや不安が癌となって身体に現れたとわかったのです。 

 

 

 

そして、「私はありのままですばらしい存在なんだ!   自分らしさを表現することが人生の目的なんだ! 」と気づき、この大切なメッセージを伝えるために、彼女はこの世に戻ってきました。 

 

 

必要だったのは、ただありのままの自分でいること。 

 

自分の本当の姿である”愛”でいれば、自分も他人も癒せるのです。

 

 

 

 

「私の癌が治ったのは、心の状態や信念が変わったことよりも、自分の真の魂が輝き始めたおかげだとはっきり言いたいと思います。  

 

 

 

多くの人から、プラス思考のおかげで治ったのかと尋ねられましたが、そうではありません。臨死体験の最中に私がおかれていた状況は、心の持ち様をはるかに超えたものでした。 

 

私の癌が治ったのは、自分の有害な思考が完全に消えてなくなったからです。」 

 

 

宇宙は生きていて、意識で満たされており、すべての生命や自然を包み込んでいるのだと悟ったのです。あらゆるものが、無限の〝全体〟に属していました。」

こんなあなたにオススメです

 

家族、知り合いにがん患者がいる

・がんの告知を受けた

・がんの治療法で悩んでいる

 

 

オススメ、共感を得たフレーズ、目次

 

パート1   正しい道を求めて

 

第1章 多様な文化の影響

瞑想は私たちが体だけの存在でないことに気づく助けとなる  

 

 

 

第2章 ヒンドゥー教とキリスト教のはざまで
 

第3章 お見合い結婚でのつまずき
 

  

 

第4章 真のパートナーとの出会い
 

第5章 癌の宣告
  

 

 

第6章 救いを求めて

 

がん」とは恐れを生み出す言葉にすぎない

 その言葉のことは忘れて、自分の身体の調和をとり戻すことだけに注意を向けなさい  

 

 

パート2   死への旅路、そして生還

 

第7章 身体を離れて

 
 

第8章 神の愛を体験する

 

・これまで現実だと考えていたことが、実は、あなたを取り囲む途方もない驚異的なものの中の小さな点にすぎないと理解します  

  

 

 

 

第9章 この世に戻る決心
 

 

第10章 すべての癌が消えた
  

 

第11章 コー医師による医学的見解

・何がアニータの身体を死から回復へと方向転換させるスイッチを押したのか… 現代医学では見つけられるものではありません 

 

 
 

第12章 大きな意識の変化

楽しんで、笑うことが大切に思えました   

 

 

 

 

第13章 恐れずに生きる

本当の喜びや幸せは、自分を愛し、自分の心に従い、ワクワクすることをしている時に、見つけられる 

 

第14章 シンクロニシティに導かれて

  

 

パート3   臨死体験が教えてくれたこと

 

第15章 私が癌にかかった理由、そしてなぜ癒された

自分を自由にし、信念や不信から離れて、心をあらゆる可能性に開いたとき、私は一番強い状態にあります 
  

 

 

 

第16章 私たちは神と一体である

 

すべての時間や体験が今この瞬間に存在していて、私たちは物質世界で自分のすばらしさを表現しながら、その中をただ通り過ぎているのだとしたら、何も恐れることはありません 

 

・物質的な身体を去れば、私たち全員の無限の自己は、すべて宇宙エネルギーにつながっていると、私は信じています  

   

 

 

 

 

第17章 ありのままの自分を生きる
 

・すべての生命はつながっているので、自分が上機嫌でいれば、全体にも大きな影響があるのは確かです

 

自分自身に正直でいることが、ポジティブでいるよりずっと重要です  

 

 

 

第18章 臨死体験についての質疑応答

 

 

 

この本の評価

 

  ■内容     :5.0

  ■読みやすさ  :4.5

  ■実践しやすさ :4.5

  ■健康リテラシー:5.0

  ■総合     :4.5

 

 

 

 

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

著者

ニータ・ムアジャーニ ANITA MOORJANI

シンガポールでインド人の両親のもとに生まれる。2歳の時に香港に移り、長年香港で暮らす。2002年4月に癌の宣告を受けるまでは企業で働いていたが、2006年の初めに起こった臨死体験が人生を大きく変える
4年に及ぶ壮絶な癌との闘いから臨死体験をするまでの話が書かれた著書『喜びから人生を生きる! 』(原題『Dying to Be Me』)は45カ国以上の言語に訳され、世界中で100万部以上の売り上げとなる。
2015年2月には、ハリウッドの映画プロデューサーのリドリー・スコットが同書籍を映画化する権利を取得。現在は夫のダニーとともにアメリカで暮らし、「向こう側の世界」で得た深い洞察を世界中を旅しながら人々と分かち合っている。

 

 

 

 

関連おすすめAmazonカスタマーレビューなどの評価値も参考)

 

「僕は、死なない。 全身末期がんから生還してわかった人生に奇跡を起こすサレンダーの法則」2019/12/18 刀根 健  96点 [♯340]

「どんなガンでも、自分で治せる! 」2018/1/20 川竹 文夫 95点 [♯296]

「がんになって、止めたこと、やったこと」2016/5/12 野中 秀訓 96点 [♯212]

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。