「常識が変わる 200歳長寿! 若返り食生活法」2017/2/7 松井 和義 94点 [♯303]

ミトコンドリア・エネルギー生成システムを徹底活用した、寿命が5割延びる食生活法を紹介。

  

 

超極小生命体ソマチッドを活性化させ、長寿遺伝子のスイッチをオンにするためのイメージトレーニング法も解説する一冊です! 

 

 

 

 

寿命の常識をはずすと、ほんとうの長寿法が見えてくる!

  

 

奇跡の健康長寿を実現する5大法則 

 

 

 

こんなあなたにオススメです

 

・健康情報に翻弄されている

・長年体調が思わしくない

・家族、友人が重い病気にかかっている

 

 

オススメ、共感を得たフレーズ

 

プロローグ

小保方さんが発見したSTAP細胞は、米国の巨大医療グループに見事につぶされた

 

 

 

 

 

第Ⅰ部 「病気知らずの食生活法」でまず150歳長寿に挑戦!

1章 人体のエネルギー生成システムと代謝システム

 

筋肉の70%は下半身の足腰にあります

1日に1~2回、空腹状態の習慣を持つ

 

2章 人体に必要な栄養素と正しい摂取法

 

炭水化物の摂り過ぎが招く生活習慣病

米国牛肉の危険性 

 

 

 

 

3章 腸内細菌は第二の臓器

 

 

4章 体内に蓄積する化学物質はすべて毒

 

農薬、食品添加物、発色剤(亜硝酸ナトリウム)、着色料、4大人工甘味料(アステルパーム、スクラロース、アセスルファムK)、防カビ剤... 

 

 

5章 健康長寿には体内毒の排毒(デトックス)が不可欠 

 

 

 

 

 

第Ⅱ部 「200歳長寿」への鍵は超極小生命体「ソマチッド」にある!

 

1章 200歳長寿!を実現する脳と体の若返り法

 

食の回数増加(1→2→3回)と加熱食が寿命を縮めた 

 

「生命の源」が「ソマチッドにあった

  

 

 

2章 「手作り酵素」12のパワー

 

 

3章 「古代ソマチッド」含有量が世界一の和製天然木精油

 

 

4章 意識覚醒がもたらす200歳長寿!

・戦後完成した地球規模の巨大ビジネスで化学物質が蔓延

 

 

 

 

 

この本の評価

 

  ■内容     :5.0

  ■読みやすさ  :4.5

  ■実践しやすさ :4.5

  ■健康リテラシー:5.0

  ■総合     :4.5

 

 

 

 

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

著者

岡田 恒良 

昭和30年岐阜県生まれ。岩手医科大学卒、医学博士。外科医として20年間病院勤務。2002年に、医学の現状を打破せんと「環境と健康つながるいのちinナゴヤドーム」を開催。2005年より「人間、自己、生・命とは?」をテーマに究極の解答検証会を継続的に開催。2010年から「ナゴヤ醫新の会」を設立し、医療改革をめざした実践的活動を展開し続ける。現在は、名古屋市中区の「なごやかクリニック」院長として在宅診療や難病相談に当たっている。

 

松井 和義

昭和26年愛知県生まれ。高知大学在学中より能力開発の研究を始める。昭和62年よりトップマネージメント研究施設を開設し、経営者協会後援のもと数百社のマネージメントセミナーや人材教育を行う。平成9年11月より本格的な脳科学の研究と「ミミテックメソッド」プロジェクトをスタートさせる。その後、実践脳科学提唱者として脳と身体の潜在能力開発法指導のセミナーを、全国の主要都市中心に年150回以上開催。さらに、長寿食・予防医学指導家として健康指導にも注力している。

 

 

 

関連おすすめAmazonカスタマーレビューなどの評価値も参考)

 

「内臓脂肪がストンと落ちる食事術」2019/5/9 江部康二 93点 [♯16]

「“空腹”が健康をつくる ―1日2食のプチ断食―」2020/2/13 三浦 直樹 94点 [♯248]

「「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる」2016/5/14 秋山 龍三,草野かおる 94点 [#121]

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。