「その痛み、手術しなくても治ります! 椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・変形性膝関節症・坐骨神経痛」2018/2/16 清水 泰雄 88点 [♯288]

腰痛の原因は、椎間板や脊柱管などの異常ではなかった! 

  

 

1995年、国際腰痛学会が「腰痛のない人」4000人のMRIを撮ったところ、76%に椎間板ヘルニアが見つかった

  

 

 

これまで常識とされてきた腰痛治療が間違っていたことをこの研究データはいみじくも暴露した。   

 

  

 

 

とてつもなく痛い神経ブロック注射や成功するとは限らない手術はもういらない! 

   

 

 

痛みのほとんどは筋肉をゆるめるだけでスッキリ解消することを豊富な症例が証明する。

 

 

痛みの真犯人は骨ではない! 絶対に手術をしたくない人必読! 整形外科医が実践する「筋肉ゆるゆる療法」を説く一冊です!

 

 

こんなあなたにオススメです

 

・長年腰痛に悩まされている

・腰痛が整形外科に行っても治らない

・整形外科医から手術をすすめられ悩んでいる 

 

 

 

 

オススメ、共感を得たフレーズ

 

 

第1章 なぜ日本の医療は「痛み」を治せないのか?

 

・間違いだらけの「痛み」の治療

 画像に頼りすぎる整形外科医… 日本の大学での教育が原因 

 

・安静、冷やす、固める… はすべて間違い 
 

 

すべては患者さんから教えてもらった

 

・痛みの原因の9割は「筋肉」にあり… 生活習慣による筋肉痛=「トリガーポイント」

 骨や神経は関係ない  

 

 

 

 

サプリメントはほとんど意味がない   

 

  

 

 

第2章 「まずは痛みを取り除く」が私の信念

 

「痛みを取り除く」ことが医者の仕事
 

第3章 症例で見る痛みの取り方

 

・車椅子生活も覚悟した両足のしびれと腰痛がトリガーポイントテーピングで解消 

 

・トリガーポイント注射で、むち打ちによる首と肩の痛みが消えた! 

 

第4章 自分でできるトリガーポイントテーピング

 

・症状・疾患別のトリガーポイントテーピング 

・その他の症状のトリガーポイントテーピング

注射やテーピングは、自然治癒力を呼び起こす一つの手段です 

 

 

 

 

この本の評価

 

  ■内容     :4.5

  ■読みやすさ  :4.5

  ■実践しやすさ :4.0

  ■健康リテラシー:4.5

  ■総合     :4.5

 

 

 

 

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

著者

清水 泰雄

清水整形外科醫院 院長。1979 年に昭和大学医学部卒業、同時に昭和大学病院整形外科学教室に入局。東京共済病院、日本鋼管病院、社会保険相模野病院(現・相模野病院)整形外科部長を経て、1990 年に清水整形外科醫院を開業。西洋医学だけでなく、漢方などの東洋医学、トリガーポイント治療、プランセンタ治療などの併用により、効果を得ている。

 

 

 

 

関連おすすめAmazonカスタマーレビューなどの評価値も参考)

 

 

「取れない疲れが一瞬で消える 神ストレッチ」2019/9/24 佐藤 義人 88点 (♯122)

「医師が考案 小林式 自律神経ストレッチ」2019/9/26 末武 信宏,小林 弘幸  90点 [♯132]

「職場で、家で、学校で、働くあなたの疲れをほぐす すごいストレッチ」2017/3/14 崎田 ミナ 90点 [♯69]

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。