「食べ物を変えると、からだも、運命も変わります。:岡田恭子の恭子式マクロビオティック」 2016/12/23 岡田 恭子 83点 [♯291]

横浜に奇跡のような料理教室があります。
  

 

およそ30年多くの生徒さんの心とからだを立て直して来た岡田恭子さんの「恭子式マクロビオティック」の真髄・ノウハウを公開。
 

 

ガンも、うつ病も、花粉症も、自律神経失調症もなどの病気も、マクロビオティックでよくなります。
 

 

 

 

マクロビオティックの一般的な理論、方法だけではなく、おいしくて、健康に、幸せになるためのノウハウ、そして、マクロビオティックの欠点の対処法についても紹介する一冊です!
 

 

 

こんなあなたにオススメです

 

・病気が治らない

・治療法で悩んでいる

・家族、友人が重い病気にかかっている

 

 

オススメ、共感を得たフレーズ

 

第1章 私とマクロビオティックの出合い

 

自分のご機嫌をよくする 

 

 

第2章 恭子式マクロビオティック―必ず今より、元気になります

 

とにかくよく噛むこと、砂糖は食べない

・玄米菜食の良さは排毒、デトックス 

 

 

 

・病気を治すということは、薬や手術ではなく、食生活を正すこと

今に満足、今日に感謝  

 

 

 

第3章 食べ物で病気を治す。症状別病気の治し方

・インフルエンザには玄米スープが効きます!

・花粉症の敵は菓子パン!
  

 

・食べ物は、からだを変えるだけではなく、その人の運命も変えます!

 食べ物を変えれば、きっと、きっと健康になります。

 仕合わせになり、運命も変わります。  

 

 

 

 

 

第4章 マクロビオティックQ&A
 

・人生の目的は、病気を治すことではありません。

 自分の花を咲かせることが人生の目的です。

 

 

 

 

この本の評価

 

  ■内容     :4.5

  ■読みやすさ  :4.0

  ■実践しやすさ :4.0

  ■健康リテラシー:4.0

  ■総合     :4.0

 

 

 

 

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

著者

岡田 恭子

名古屋の原木問屋に生まれる。結婚して長男出産後、体調が悪化して肝炎を患うが、玄米菜食を始めてから1年で、別人のように健康になる。森下敬一博士の「お茶の水クリニック」で食事療法を、「あなたと健康社」主宰の教室で玄米菜食の料理を、日本CI協会では正食理論とマクロビオティックの料理を学ぶ。1985年、自宅にて「マクロビオティック自然食料理教室」を始める。その他、横浜市教育文化セミナー講師、「アートスペースハナダ」フードディレクタースクール講師、有隣堂カルチャースクール講師などもつとめる。 

 

 

 

関連おすすめAmazonカスタマーレビューなどの評価値も参考)

 

「「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる」2016/5/14 秋山 龍三,草野かおる 94点 [#121]

「若杉友子の「一汁一菜」医者いらずの食養生活」2013/1/18 若杉 友子 88点 [♯96]

「「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる」2016/5/14 秋山 龍三,草野かおる 94点 [#121]

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。