「「首こり」を治せば10歳若返る! 」2013/5/16 松井 孝嘉 88点 [♯202]

 

「なんとなく体がだるい……」そんな体調不良こそが、「老い」の第一歩。

 
そして、そんな原因不明の体調不良の原因は、「首」と「副交感神経」の関連にあった!
 
 
 
「首」さえ治せば副交感神経が改善され、10歳若返る「老化防止法」を解説する一冊です!

こんなあなたにオススメです

 

・なんとなく体がだるい

・長年肩こりが治らない

・やる気がつづかない

 

 

オススメ、共感を得たフレーズ

 

第1章 「老いない心と体」は首からつくる―若さと健康に差がつくのは「自律神経」のせいだった!

 

・同じ年なのに「若さ」や「健康」に大きな差がつくのはなぜか?
 

 

 

・3大苦である「老」の不安を解消するには、とにかく首の筋肉を正常化することが第一

 

「首に負担をかける生活」から「首をいたわる生活」へ 

 

 

 
 
  

第2章 首を治せばあなたも10歳若返る!―首の筋肉が「若さ」と「健康」をよみがえらせるカギ

 
・老化は筋肉から始まる
 
首の筋肉は「沈黙の筋肉」だった!… 肝臓の休肝日のように休みが必要!!
 
・安易なマッサージや間違った治療は危険
 
 
  
 

第3章 首こりが招く老化現象―あなたの「いつもの不調」の原因は「首」にあった!

 
 
・不調が続くのは“年のせい”でも“気のせい”でもない
 
なかなかよくならないめまいは「首が原因」と思った方がいいでしょう… ”頸性めまい”
 
首こりで現れる代表的な「心の症状」
 
 何もする気が起きない、意欲が湧かない、理由もなく気分が落ち込む、気が滅入る、些細なことでイライラする、集中力が低下する… 
  
 
 
  
 

第4章 副交感神経を衰えさせない習慣―「ネック・アンチエイジング」で心も体も若返る!

 
・「ネック・アンチエイジング」の3つの基本
 
・「ネック・リラクゼーション」で首を休める習慣をつける
 
 
首に良い生活習慣… ウォーキングとラジオ体操、8時間睡眠、入浴は首まで浸かる全身浴、首を温める服装… 
 
 
 
 
 
 

第5章 健康長寿と幸せのスイッチをオンにしよう―首とどうつき合うかであなたの人生は大きく変わる!

 
「首という土台」をしっかりさせる人は強くなる
 
・自律神経が健康な人は状況の変化に適応しやすい

 

 

この本の評価

  ■内容     :4.5

  ■読みやすさ  :4.5

  ■実践しやすさ :4.5

  ■健康リテラシー:4.5

  ■総合     :4.5

 

 

 

 

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

著者

松井 孝嘉

脳神経外科医。東京脳神経センター理事長。松井病院理事長。1967年、東京大学医学部卒業。東大脳神経外科に入局。野球の「耳付きヘルメット」を開発。毎年数人あったデッドボール死をゼロにした。その後、ニューヨーク、アルバートアインシュタイン医科大学にて脳腫瘍の研究。さらに、ワシントン、ジョージタウン大学にて、世界初の全身用CTスキャンの開発に従事。日本へのCT導入・普及に中心となって尽力。画像診断で日本が世界一の普及を達成し、日本人の脳卒中死の激減に多大の貢献をした。

 

 

 

 

関連おすすめAmazonカスタマーレビューなどの高評価からも厳選)

 


「体の不調は「首こり」から治す、が正しい 」2015/1/16 三井 弘 87点 [♯197]

「首は絶対にもんではいけない! 首は脳の一部、強くもむと不調を引き起こす」2015/7/30 松井 孝嘉 87点 [♯193]

「医師が考案 小林式 自律神経ストレッチ」2019/9/26 末武 信宏,小林 弘幸  90点 [♯132]

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。