「疲れたら動け!」2019/7/26 小林 弘幸 92点 [♯131]

日本一多忙な医師が実践している毎日の精神的な「疲れが100%消える休み方」を説いた一冊です!

 

じっとしていると、ストレス、不安、焦りは増す一方。疲れたらその場で15秒!! 軽く動くと元気になる

 

 

じつは、疲れを感じているときに、ごろごろ体を休めてはいけません

疲労感が増し、抱えている疲れが慢性的なものに変化してしまうからです。

 

 

では、どうするのが正解なのか? 答えは、疲れたときほど、動くこと。

疲れが取れる魔法のキーワードは、「疲れたら、動け! 」です。

 

 

 

 

 

体が疲れているというより、気持ちが疲れている人が多い、と言うのです。

 

実際、疲れを感じた時の状況を思い浮かべてください。

周りに気を遣ってぐったり疲れたり、一所懸命やっているのに嫌みや小言を言われて落ち込んだり。

 

 

または、相手が思うように動いてくれず、ストレスが溜まる…等々。

疲れは、精神的なダメージからきているケースが多いことに思い当たりませんか?

 

 

こうしたダメージにより、あなたの自律神経は乱れ、疲労は簡単には取れないレベルのものとして蓄積しているのです。

 

 

本書ではこの精神的な疲れを「悪い疲れ」と呼び、ハードワークだけど達成感のある疲れなど「良い疲れ」とは明確に区別し、その対処法が提案されています。

 

 

 

悪い疲れ(精神疲労)は、動かずにじっとしているとどんどん蓄積していきます。

 

そのため疲れを溜めず、上手に受け流すには、ストレスのせいで浅くなっている呼吸を整えたり、こわばった顔を緩めたり…  といった、ちょっとした「動き」が効果的です。

 

本書の「動き方」を実践し、体から悪い疲れを一掃してください!!

 

 

 

 

 

こんなあなたにオススメです

 

・いつもまわりに気を使っている

・いらいらしていることが多い

・ストレスを感じることが多い

・目覚めが悪い

 

 

 

オススメ、共感を得たフレーズ

はじめに

みんな、精神的に疲れている

 仕事、家事、育児、人間関係…要因は様々あるでしょうが、その多くは、「精神疲労」である

 

第1章 あなたの疲れはどこからきているのか?

あなたを悩ます疲れの正体とは?
・「良い疲れ」と「悪い疲れ」がある
働き過ぎて疲れているわけではない
・がまんすることで「悪い疲れ」が溜まる
大切なのは自発的に動くこと

第2章 なぜ、体はこんなに疲れているのか?

・健康とは、質のいい血液が全身に流れている状態
ストレスで自律神経のバランスが乱れる生活環境
日本人の約8割が運動不足… 
 運動して血流を上げることで毛細血管まで酸素を送り届ける

第3章 これでスッキリ!疲れが100%消える休み方

・ストレスを撃退!
    職場でできる15秒ストレッチ… 顔、肩、胸、腰の4つの部位
・自宅でできる!「疲れ」が消える眠り方
 睡眠のゴールデンタイムは22時~2時の4時間
 ⇒できるだけ早めの就寝でゴールデンを1時間でも長くすることが大切ですね
 朝太陽の光を浴びる

おわりに

・1週間限定で、生活のリズムを変えてみよう
・50代になったある夏、早起きの効能を実感した
 
 誰にも邪魔をされない朝の1時間は、昼の3時間に相当する
あなたの笑顔で大切な人たちを元気に
 
 患者さんの前で医師が笑顔でいると回復が早いと実感… 著者の小林医師

 

 

 

 

 

この本の評価

  ■内容     :4.5

  ■読みやすさ  :5.0

  ■実践しやすさ :4.5

  ■健康リテラシー:4.5

  ■総合     :4.5

 

 

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

著者

小林弘幸

1960年埼玉県生まれ。順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。自律神経研究の第一人者として、プロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのパフォーマンス向上指導に関わる。順天堂大学に日本初の便秘外来を開設した“腸のスペシャリスト”でもあり、みそをはじめとした腸内環境を整える食材の紹介や、腸内環境を整えるストレッチの考案など、様々な形で健康な心と体の作り方を提案している。

『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』

『死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい』

『医者が考案した「長生きみそ汁」』など、著書多数。

 

 

 

関連おすすめAmazonカスタマーレビューなどの高評価からも厳選)

 

 

脳を狂わせる物質は、塩、砂糖、脂肪| 最高のパフォーマンスを実現する超健康法 2019/9/21 メンタリストDaiGo 93点 109冊目

 

 

医師の最強の筋トレ |70歳、医師の僕がたどり着いた 鎌田式 「 スクワット 」 と 「 かかと落とし 」 2019/5/24 鎌田 實 90点 [♯130]

 

 

疲れがとれないのは、体ではなくすべて脳が原因| 疲労回復の名医が教える 誰でも簡単に 疲れをスッキリとる方法  2019/6/22 梶本修身  89点 58冊目

 

 

すべての疲労は「肌」が教えてくれる| 毎日のカラダが楽になる 最高の疲労回復法 2018/3/21 杉岡 充爾 87点 57冊目

 

 

だれでも簡単にできるストレッチ |動かないゼロトレ 2019/9/5 石村友見 89点 (#117)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。