「親が倒れた! 親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと」2018/11/5 太田 差惠子 91点 [♯76]

 

親の入院・介護に直面した時に必要な知識

「短期的戦略→中期的戦略→長期的戦略」と

時系列に分けて簡潔にわかりやすく説明している一冊です。

 

 

介護の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、

自分から動く必要があります。

 

 

 

制度の仕組みや手続き、サービスや施設の費用、

専門職とのやりとり、仕事や子育てと介護の両立……など、

 

見開き1ページに「いま」知りたいことがコンパクトにまとめられた、

手元に置くと安心の”介護バイブル”です。

 

 

 

 

こんなあなたにオススメです

 

・まさか、こんなことになるなんてと思っている

・いつか、この日がやってくると思っている

・入院・介護についての正しい情報が欲しい

 

 

 

 

オススメ、共感を得たフレーズ

 

・病院は診療報酬が段階的に下げられるので、長居させてくれない。

・各自治体には、高齢者向け実施サービスの一覧の印刷物があるので入手すると問い合わせがスムーズ。

 

・相性が合わない等でのケアマネジャーは変更可能。

・介護者の休息のため、「ショートステイ」(1泊2日~最長30日)は必須。

 介護者が共倒れしないためにも、気分転換も必要

 

 

・遠距離介護の「交通費」には、割引サービスを利用。

 航空各社には「介護帰省割引」がありますが、JRにはないので「株主優待割引」で。

 

別居の親の住み慣れた家からの「呼び寄せ」は難しい現実

・「介護保険なんて申請するな」と子の言葉に耳を貸さない親には、かかりつけ医師から申請してもらう。

 

 

・避けたい「介護離婚」

一対一の介護は虐待を生みやすい

介護の費用の平均月額:在宅で5万円(一番多いのは1万円~2万5千円)、施設で11万7千円

 

 

・親が「住民税非課税世帯」だと、医療費・介護費がグッと安くなる

「特別養護老人ホーム」への入居は、独居、夫婦世帯の優先順位が高い

 

 

 

 

 

この本の評価

  ■内容    :4.5

  ■読みやすさ :5.0

  ■実践しやすさ:4.5

  ■コスパ   :5.0

  ■総合    :4.5

 

 

 

 

親が倒れる……。

「そのとき」は前触れもなく突然やって来ます。

 

 

当事者にならないと人は動かないのが常ですが、

誰にでもいつか訪れ、そして突然であることが多いです。

 

 

その時に、介護離職したり、身体を壊したり、

家族間に不和が生じたりすることを防ぐためにも

先のことを事前に想定しておく準備として

本書を読むことをオススメします。

 

 

 

今日も、最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

著者

太田差惠子

介護・暮らしジャーナリスト。京都市生まれ。1993年頃より老親介護の現場を取材。取材活動より得た豊富な事例をもとに、「遠距離介護」「仕事と介護の両立」「介護とお金」などの視点でさまざまなメディアを通して情報を発信する。企業、組合、行政での講演実績も多数。AFP(日本ファイナンシャル・プランナーズ協会認定)資格も持つ。

1996年、親世代と離れて暮らす子世代の情報交換の場として「離れて暮らす親のケアを考える会パオッコ」を立ち上げ、2005年に法人化。現理事長。

 

 

 

関連おすすめ

 

介護のバイブル|ある日、突然始まる 後悔しないための介護ハンドブック 2017/2/28 阿久津 美栄子 ★★★★89

 

親が認知症になったら|親の「 老い 」を受け入れる ~認知症の親をよくする介護~ 2015/12/19 長尾 和宏, 丸尾 多重子 ★★★★★92

 

親の介護|ビジネスパーソンが介護離職をしてはいけないこれだけの理由 酒井 穣 2018/1/26 ★★★★★★90

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。