「月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる!」2018/1/26 関口 賢 88点 [♯9]

 

本日2冊目の「究極の健康法」本の紹介です。

 

断食に関する本は、多く出版されていますが、自宅にいながらのプチ断食で、曜日限定なのでキャッチコピーとしてインパクトもあります。

 

 

 

 

 

 

本来の断食の最低限の効果をだすためには、少なくとも1週間(3日間断食)の期間が必要と言われています。

 

モデル、芸能人はじめ、政財界人でも1週間断食のリピーターが多いのも有名です。

 

 

働き方改革で以前より休みやすくなったとはいえ、まとまったお休みは、旅行などを優先しがちです。

 

 

なので、プチ断食は、会社を休むことなく実行できることが大きいですね。

 

 

 

1か月(4回の月曜断食)たったあとの、リバウンドしないための食生活の維持がポイントと思います。

 

 

個人的には、時間がとれるのであれば、思い切って施設での1週間の断食をおすすめします。

身体はもちろん「心」のリフレッシュ効果が得られます。

 

 

 

著者

関口 賢

1985年、千葉県千葉市生まれ。関口鍼灸治療院HEAL the WORLD総院長。

 

 

 

<関連おすすめ>

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。