『人生の意味が見つかるノート』2017/1/20 小澤竹俊 91点 [♯136]

20年以上、人生の最終段階の医療に携わり、2800人以上を看取ってきた名ホスピス医が患者さんから学んだ「人生の意味が見つかる質問」をおさめた一冊です。

 

 

 

 

ベストセラー「今日が人生最後の日だと思って生きなさい」待望の第2弾!

2800人を看取った医師だからわかる人生を幸せに生きる方法!

カンタンな質問に答えるだけで本当に大切なことがわかる”ノート”です

 

 

 

誰のどのような人生にも必ず意味はあります。

そして、あなただけの「生きる意味」を探すことで明日からの日々を幸せに生きられるようになります。

 

 

 

人生の中で、どんな苦しみがあったとしても
死の絶望の前だったとしても、「人生の意味を探すこと」で人はその苦しみを和らげることができるのです。

 

 

 

今を生きる上での悩みや苦しみに対するあなたの支えとなる一冊です。

 

 

 

 

 

こんなあなたにオススメです

 

・悩みことが多い

・家族、友人が重い病気を患っている

・自分だけがどうしてこんな目に合うんだろうと思うことが多い

単調な日々が続いている

 

 

オススメ、共感を得たフレーズ

 

第1章 人生の意味を探すことで、人は強く優しくなれる

・人生の意味を探すだけで、人は幸せになれる

・やり残した後悔は、人にゆだねることで消えていく

この世を去ったあとも、あなたの思いは残り続ける
 もし大切なひとにメッセージを残すなら、どんなことを伝えたいですか?
 ⇒今日が人生最後の日と思い、メッセージを書くことをおすすめします
  災害が多い日本では、事前に書いて毎年更新することが大事ですね
・どんな過ちも「これでよい」と許せる日が来る

第2章 平凡な人生はなく、価値のない人もいない

・これまでの選択が、あなたを最良の場所へ導いている
⇒今の自分は、いままでの自身の数多くの選択の積み重ねといいます
死を前にすると、人生の素晴らしさがわかる
残された時間があと一年なら、あなたは何を望むのか
 今日あなたが本当にやりたいことは、どんなことでしょうか
 
 ⇒やらなくていいことを捨てる技術が大事です
・たとえ報われなくても、努力をしたという事実は残る
 努力の過程で何を学んだかが最も大事
人生の終わりを考えたとき、「どう生きるか」が見えてくる
⇒「今日が人生最後の日だったら」と毎日思うようにすることをオススメします!

第3章 死を前にしても、笑顔で過ごすために

人は悩み、苦しむほど成熟していく
人生の成功者は、例外なく失意のどん底を経験しています。
 悩み苦しむことで、人は本当の強さ、本当の幸せを手に入れることができます!
他者の幸福を望むと、心に「支え」と「希望」が生まれる
 地位や名誉やお金など目に見えるもので得られる「自分だけの幸せ」には限界がある
・大切な人を失っても、思い出があなたを支え続ける

第4章 今日一日を大切に過ごすことで、人生は変わっていく

本当に大切なものは、あなたのすぐそばにある
 身近な風景や自然に、心を動かされたことがありますか?
・「遠慮しすぎ」も「我慢のしすぎ」も、もうやめる
悩みや苦しみは、一人で抱えない。亡くなった家族に「相談」
 
 亡くなった家族や友人は、今、あなたにどんな言葉をかけてくれるでしょうか?
⇒相談ではないですが…  生後6か月で亡くなくなり、顔も知らない兄、どのような人生を歩みたかったのかを、50歳を過ぎてから折に触れ考えることがあります

 

 

 

 

この本の評価

  ■内容     :5.0

  ■読みやすさ  :4.5

  ■実践しやすさ :4.5

  ■健康リテラシー: - 

  ■総合     :4.5

 

 

 

 

 

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

著者

小澤竹俊

1963年東京生まれ。87年東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業。91年山形大学大学院医学研究科医学専攻博士課程修了。救命救急センター、農村医療に従事した後、94年より横浜甦生病院ホスピス病棟に務め、病棟長となる。
2006年めぐみ在宅クリニックを開院。これまでに2800人以上の患者さんを看取ってきた

医療者や介護士の人材育成のために、2015年に一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会を設立

一人でも多くの人が、生きてきてよかったと思える最期を迎えられるよう、力を尽くしている。著書「今日が人生最後の日だと思って生きなさい」がベストセラーとなる。

 

 

 

関連おすすめAmazonカスタマーレビューなどの高評価からも厳選)

 

 

あたり前の日常に毎日感謝し続けること| 今日が人生最後の日だと思って生きなさい  2016/1/23 小澤竹俊 91点 108冊目

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。