「3日食べなきゃ、7割治る!」2018/1/6 船瀬 俊介  93点 [♯129]

腹八分で医者いらず腹六分で老い知らずで副作用ゼロの究極の健康法を説く一冊です。

 

10万部を突破したベストセラーの新装版

 

 

 

【医者も知らない!空腹がもたらす、10の〝効力〟】

 

① 自己治癒力を呼び覚ます

② 空腹という快感をもたらす

③ 頭が冴えわたる

 

④ 万病の原因〝血液の汚れ〟を浄化

⑤ 最強のデトックス法

⑥ 体の悪いところが分解・排出していく

 

⑦ 遺伝子を活性化する

⑧ スタミナ抜群になる

⑨ 免疫力が高まる

⑩ 老化の原因〝活性酸素〟を減らして若返る  などなど

 

 

 

こんなあなたにオススメです

 

・健康情報に翻弄されている

・長年体調が思わしくない

 

・生活習慣病にかかっている

・不妊治療をしている

 

 

 

 

オススメ、共感を得たフレーズ

 

まえがき

 

・「現代医療は9割の慢性病に無力。治すどころか悪化させ、死なせている」(米国の良心の医者R・メンデルソン)

 

病気を治す方法は5つ ①少食 ②笑い ③感謝 ④長息 ⑤筋トレ

 

 

 

第1章 食うな、動くな、寝てろ―「空腹」こそが、最高のクスリである

 

・野生動物は何も食べずに自ら治す

 

医学界、厚労省は「3食きちんと食べよ」と指導します。

 なぜなら、早く老化して、病気になって、死んでもらわないと困るから。

 

 

現代医学教育では、「少食」「断食」の効用を一切黙殺するどころか完全否定の立場

 

・ドイツの古いことわざ「一日三食のうち二食は自分のため、一食は医者のため」

 

 

 

 

第2章 こんな病気も、みるみる治る!―「食べない」だけで回復する生命の神秘

 

・日本でも江戸時代までは一日二食が普通だったのが、明治以降から三食になった

 過食、飽食で病人を大量生産する… という製薬資本の思惑があった

 

透析を命じられた7~8割が断食で完治… 匿名を条件に取材に応じてくれた医師のエピソード

・アトピー、花粉症、ぜんそくも見事に消えた

第3章 断食でガンも治る!―鶴見式「酵素断食」の衝撃

第4章 食費は半分!寿命は2倍!―長寿遺伝子が証明した衝撃の真理

・腹6分ネズミは2倍生きた… 80年前に発表された「寿命倍増説」の衝撃
 
 医療マフィア、食糧マフィアにとっては許しがたい悪夢… 歴史の闇に埋葬された
・理想的な食事は、日本の伝統食… 米国のマクバガンレポート(1977年)

第5章 食べなきゃ、不妊もEDもふっ飛ぶ―精力アップで、子どもゴロゴロ

断食したら、すぐ子宝に
 空腹感などの生理ストレスは、生存本能とともに子孫を残そうとする保存本能が働く

第6章 「笑い」は特効薬「感謝」は万能薬―笑うとNK細胞が6倍に増えた!

「笑い療法」万病を治し、タダで、副作用なし… 腹筋運動、深呼吸などの効果も

第7章 「長息法」と「筋強化」が病気を治す―呼吸と筋肉が若さを保ち、老化を防ぐ

・万病は血流不全から生じる
・入院1日で1年分老化する

 

 

 

 

 

この本の評価

  ■内容     :5.0

  ■読みやすさ  :4.5

  ■実践しやすさ :4.5

  ■健康リテラシー:5.0

  ■総合     :4.5

 

 

 

 

 

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

著者

船瀬俊介

医療ジャーナリスト。1950年、福岡県生まれ。九州大学理学部を経て、早稲田大学文学部、社会学科卒業。日本消費者連盟スタッフとして活動の後、1985年、独立。以来、消費・環境問題を中心に執筆、評論、講演活動を行う。主なテーマは「医・食・住」から文明批評にまで及ぶ。

 

 

 

関連おすすめAmazonカスタマーレビューなどの高評価からも厳選)

 

 

 

舌がんを克服した医師の「超簡単健康法」| 「空腹」こそ最強のクスリ 2019/1/26 青木厚 95点 23冊目

 

難病「脊髄小脳変性症」を断食で克服| 「おうち断食」で病気は治る (週1回で奇跡が起こる) 2016/10/15 森 美智代 89点 48冊目

 

心身をリフレッシュできる| 月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる! 2018/1/26 関口 賢 88点 9冊目

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。