「世界最新の医療データが示す最強の食事術」2020/10/28 満尾 正 95点 [#394]

新・3大栄養素で最強の免疫力をゲット

 

 

健康診断では「異常なし」なのに、なぜ大病にかかってしまうのか?  

 

 

 

 

実は、健康診断では絶対に調べない「3つの栄養素」の不足が、その原因かもしれないーー。

新型コロナウイルス対策として、「ビタミンD」の可能性が世界中で報告されている。

  

 

この他、がんや動脈硬化、糖尿病、うつ病などの予防効果も指摘され、その免疫力アップ効果に期待が高まる。

  

 

しかし、真に「最強の免疫力」を手に入れるためには、ビタミンDだけでは足りない!

 

 

それを活性化する「マグネシウム」、相乗効果を生み出す「亜鉛」を含めた「新・3大栄養素」のすべてを補ってこそ、意味がある! 

 

 

 

 

世界最先端の医療現場で注目されるビタミンD、マグネシウム、亜鉛には、例えば、下記のようなデータが報告されている。 

 

●新型コロナ死亡者数83%減!
 

●がん再発率14%低下!
 

糖尿病リスク28%減!
 

平均寿命5歳長寿!

 

  

 

では、それらを効果的かつ効率的に補うためには、いつ、何を、どのように食べればよいのか? 

 

ハーバード大学で栄養学を学び、現代人の「食」と「生活習慣」にも精通する医師が教える、忙しい現代人でも実践できる「最強の食事術」の集大成のおすすめの一冊です!

 

 

 

 

 

こんなあなたにオススメです

 

・今のご時世だからこそ免疫力を高めたい

・正しい食事法を身につけたい

・コロナ禍で栄養がとれているか不安 

 

 

 

 

 

オススメ、共感を得たフレーズ

 

はじめに コロナ禍を乗り越えるために 

免疫力は食事によって高められる

 

 

第1章 免疫力を高める最新の知見

 

・かなり健康状態がよさそうな人でも、調べてみると3つの栄養素(ビタミンD、マグネシウム、亜鉛)が完璧に維持されていることは極めてまれ  

 

 

 ・知らずに摂り過ぎている怖いもの … 食品添加物 特にリンに注意が必要

   「後を引く」「やめられない」ものにはリンが入っていると考えて間違いない  … 中毒状態になる

 

 

・スイーツ好きは男性機能の低下にも要注意 … ブヨブヨ男性

 男性ホルモンの減少には、糖分の摂取が関わっている 

 

 

 

・病気の原因の大半は食事や生活習慣

 

 

 

 

第2章 現代人に不足する「3つの栄養素」

 

・ 新型コロナ死亡率の上位国はビタミンDが低い

 とにかく魚を食べる生活を心がける!

 1日15分から始める「正しい日光浴」 … ゴルフ、畑いじりもよい 

   

 

 

・マグネシウムを多く含むオススメ食品 … 緑の濃い野菜や海藻類を積極的に!

 

 

亜鉛は不足するとDNAレベルで問題が起きる栄養素

 亜鉛が不足すると男性機能が弱まる

 ココアや抹茶、ごまなどに豊富! … チーズ、卵黄、アーモンドなど

 

  

 

 

 
第3章 知らずに食べている怖いもの 

 

便利な添加物の体への影響 … 心臓疾患による死亡率1.5倍のデータ

 

・欧米人に心臓疾患が目立つのは、「リン」が多い牛肉の消費量と無関係ではない

 

 

 

 

・いつの間にか体内に金属が蓄積 … マグロ好きの日本人は水銀に注意! 

 

・ご飯や麺類は砂糖を食べるのと同じ … 「糖質」の摂り過ぎで免疫力もダウン!

 

   

第4章 絶対食とカラダが喜ぶ食べ方

  

納豆 … 3つの栄養素(ビタミンD、マグネシウム、亜鉛)を含む日本のスーパーフード

 … 1日1個は食べたい健康食材の代表格

 

緑の濃い野菜 … ほうれんそう、春菊、ブロッコリー、ケール、小松菜

青い魚 … イワシ、アジ、サバなどの小ぶりな青魚、鮭もおすすめ

 

自然薯 …   DHEAで精力アップや老化予防に期待

  里いも、菊いも、京いもなども同様な効果

 

ナッツ … 酒のつまみやおやつに「高品質」を毎日一握り

  アーモンド、ブラジルナッツ、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、ピーカンナッツ、松の実、ピスタチオ、クルミ

 

 

 

ココナッツオイル(オリーブオイル、亜麻仁油)、海藻類、発酵食品、ファイトケミカル

 

 

 

第5章 間違った「健康信仰」は自爆を招く 

 

・太るとは自ら「死」に向かうこと 

 

自分の「主治医」になる自覚が必要

 

   

  

おわりに 優れた免疫力こそ究極の「資産」 

 

 

 

 

 

 

この本の評価

 

  ■内容     :5.0

  ■読みやすさ  :5.0

  ■実践しやすさ :4.5

  ■健康リテラシー:5.0

  ■総合     :4.5

 

 

 

 

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

著者

満尾 正

満尾クリニック院長・医学博士。米国先端医療学会理事。日本抗加齢医学会評議員。日本キレーション協会代表。1957年横浜生まれ。北海道大学医学部卒業後、内科研修を経て杏林大学救急医学教室講師として救急救命医療の現場などに従事。ハーバード大学外科代謝栄養研究室研究員、救急振興財団東京研修所主任教授を経た後、日本で初めてのアンチエイジング専門病院「満尾クリニック」を開設米国アンチエイジング学会(A4M)認定医(日本人初)、米国先端医療学会(ACAM)キレーション治療認定医の資格を併せ持つ、唯一の日本人医師。 

 

 

 

関連おすすめAmazonカスタマーレビューなどの評価値も参考)

 

「食べる投資 ~ハーバードが教える世界最高の食事術~ 」2019/11/30 満尾 正 94点 [♯233]

「医者が教える食事術 最強の教科書――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68」2017/9/22 牧田 善二 95点 [♯249]

「医者が教える日本人に効く食事術」2018/10/20 溝口 徹 92点 [♯118]

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。