「ハーバード大学医学部で研究してわかった、「絶対に失敗しない」5つの健康習慣」2020/10/28 髙橋 栄 90点 [♯383]

肥満、不眠症、ストレス、飲みすぎ、勃起不全、すべての悩みを解決してくれる1冊

  

 

ハーバード大学医学部で学んだ超一流の精神科医だからわかる、読んだら目からウロコの画期的健康法!

 
 

こんなあなたにオススメです

 

・健康情報に翻弄されている

・長年体調が思わしくない

・家族、友人が重い病気にかかっている

 

 

オススメ、共感を得たフレーズ

 

第1章 食欲に打ち克つ

 

・30代以降で喫緊の課題の一つはやせること

 

・30代以降の健康的な生活には、運動が欠かせない 

 主要な筋肉をカバーする筋トレを週2回以上  

 

 

 

 
第2章 減酒で人生を充実させる
 

・アルコールが与える悪影響

 ①発がん性 ②脳が壊れる

 ③肝臓に多大なダメージを与える ④痛風のリスクを高める  

 

アルコール依存症は脳の病気

 

 

・減酒による5つのメリット

 ①生産的で豊かな時間を過ごせる ②無駄なお金がかからない

 ③仕事のパフォーマンスが上がる 

 ④見た目が美しくなる ⑤コミュニケーション能力が上がる

 ⇒⑤の理由が?の方は、本書を読んでください  

  

 

 

 

第3章 欲を分散して依存を抑制する
  

 

 

第4章 ED治療こそが集大成 

 

成人男性の4人に1人はEDに悩んでいる

 程度の差こそあれ、50代では多くの人がEDになっていると予想  
 

 

・セルフケア

 ①食事療法 ②ダイエット&有酸素運動 

 ③スロースクワット&PC筋(恥骨尾骨筋)トレ

 ④自慰行為を適度な頻度と刺激で   

   

 

 

第5章 眠りを変えれば人生が変わる
 

・すぐに睡眠薬を出すドクターは眠りの専門家ではない

 

30分以上の昼寝をしない 

 ⇒ 15~20分が適正です

  

・日中ゴロゴロしないで、できるだけカラダを動かす 

 

毎朝光を浴び、夕方以降は強い光をできるだけ浴びない 

 

 ・毎日浴槽入浴をする … 40~41度のぬるま湯がおススメ

  

 

 

 

第6章 ストレスと共生する 

ストレスは、心とカラダに生じる「ゆがみ」

 

 

 

 

 

この本の評価

 

  ■内容     :5.0

  ■読みやすさ  :4.5

  ■実践しやすさ :4.5

  ■健康リテラシー:4.5

  ■総合     :4.5

 

 

 

 

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

著者

 

高橋 栄

日比谷ガーデンクリニック院長、日本大学医学部精神医学臨床教授。医学博士。平成2年日本大学医学部卒、平成8年日本大学大学院医学研究科修了。日本大学医学部精神医学の医局長、精神科科長などを経て、現職。平成13年~17年まで、ハーバード大学医学部にリサーチフェローとして所属。 

 

 

関連おすすめAmazonカスタマーレビューなどの評価値も参考)

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です