「シンプル・ライフ 世界のエグゼクティブに学ぶストレスフリーな働き方」2014/12/5 ソレン・ゴードハマー 92点 [♯251]

 マインドフルネスで実現する創造的生活! 

 

どのように生活すれば、情報の海に飲み込まれずに創造的な働き方・生き方ができるのか。

 

 

世界トップの起業家、ビジョナリ―が実践する「マインドフルネス」という新しい生活スタイルを提案する一冊です!

 

  

 

今この瞬間に全意識を向け、無益な情報に惑わされずに平常心を保ち、自分の意思で創造力を引き出す

 

 

 

こんなあなたにオススメです

 

・SNSに時間を奪われている

・充実した生活を送りたい

・”自分働き方改革”をしたい

 

 

オススメ、共感を得たフレーズ

 

序章

「速さを追い求めるだけが人生ではありません」 マハトマ・ガンジー 

 

 

 

第1部 意識の向けかた

 

・「とらえにくいものがの声が聞こえるようになる。

 その瞬間、直感が花開いて、物事がくっきりと見え始め、もっと今このときを生きられるようになる

 …(座禅で心を落ち着ける方法を学んだ)スティーブ・ジョブズ 

  

 

 

・何とのつながりか
  

 現代人の多くが1日にメールを50回以上、メッセンジャーを77回チェックしているという調査結果もあります。

 

 

・奴隷にならない

 デジタルツールを使う必要があるときには、惰性的ではなく意識的に使うことだ

 

呼吸… どんな健康法でも必ずといっていいほど勧められてるのが、意識的に深い呼吸を心がける 

  
   

第2部 自分を見つめる

 

・スペースを広げる

 感情を受け止める「心のスペースを広げる」 … 「海」のように広い心を持つ
  

 

・無心で行なう… ひたすら今ここに集中する 

 

 
 
 

第3部 創造力を引き出す

 

・しようとしない… 五感に意識を向けることで、調子に乗りやすくなる
 

・力を抜く… 努力すればうまくいくという考え方は見直した方がいい

  

 

体の声に耳を傾ける… 眠ってる創造力を引き出しやすくなる

 

・行き詰まりを拒まない… 縮小ではなく拡大のきっかけになる

 現状を変えるいちばん確実な方法は、現状を受け入れること

 

 

何もせず、座っている… あえて行動しないことで、正しい行動が生まれる 
 

 
 
 
 

第4部 真実と向き合う

自分の無知から目を背けない

 革新的な企業ほど、従業員やユーザーの意見をとり入れているのは偶然ではない 

 

 

 

この本の評価

 

  ■内容     :5.0

  ■読みやすさ  :4.5

  ■実践しやすさ :4.5

  ■健康リテラシー:4.5

  ■総合     :4.5

 

 

 

 

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

著者

ソレン・ゴードハマー (Soren Gordhamer)

Wisdom 2.0 Conferenceの主宰者。カンファレンスを通して、マインドフルネスを用いたデジタル化社会との融合を提案する。2009年から毎年開催されているカンファレンスは、2014年は2000人を超える参加者が集まった。Huffington Postを通して実践するストレスフリーの生き方を広める。

個人やグループに、どうすればマインドフルネスを高められるか、もっと生きがいを感じられるか、現代的な生活にふさわしい知恵を身につけられるかを説いている。マインドフルネスの受講者はニューヨーク市の矯正施設の若者から、テクノロジー企業の従業員まで多岐にわたる。年に一度、テクノロジーやスピリチュアル、ビジネスなどさまざまな分野のリーダーを集めて、知恵にもとづいた文化の創造をめざすイベント、ウィズダム2.0会議の創設者であり、主催者でもある。

 

 

 

 

関連おすすめAmazonカスタマーレビューなどの評価値も参考)

 

「世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる」2016/7/29 久賀谷 亮 92点 [♯240]

「自律神経みるみる整う 魔法のヨガ」2019/4/19 B-life 88点 [♯65]

「ストレスゼロの生き方 ~心が軽くなる100の習慣~」2019/11/1 Testosterone 90点 [♯210]

「自律神経どこでもリセット! ずぼらヨガ」2017/1/11 崎田ミナ 93点 [♯67]

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。