「超「姿勢」力」2017/10/17 ZERO GYM,重森 健太 86点 [♯39]

 

「たかが姿勢」と思って思考停止しているあなたにおすすめの一冊です。

4週間で姿勢を矯正し、仕事で最高のパフォーマンスを発揮するための方法が詰まっています。

 

 

 

こんなあなたにおすすめです

 

・「多少姿勢が悪くても正直支障はない」

・「いまひとつやる気が出ない」

・「朝起きるとからだがだるい」

 

・「いくら寝ても疲れがとれない」

・「代謝が落ち、太りやすい」

・「冷え性、肌荒れ、顔にたるみ」

 

 

 

 

<気になったフレーズ>

 

・姿勢が悪いとリアルに疲れ、パフォーマンスは相当落ちる

・ラクだと思っている姿勢は、じつは筋肉の一部を酷使するもの

背中を屈め、丸くしていると呼吸が浅く、血流が悪くなり、脳機能が低下

 

・仕事ができない人は姿勢をみればわかる

 

・日本は猫背大国、PC、スマホでストレートネック

・エグゼクティブや一流アスリートは、皆「呼吸法」を意識している

・足が組みたくなるのは、バランスが崩れている証拠

 

 

 

もくじ抜粋

PART 01  4週間で猫背を完全矯正! 自分を変える最強・最速のプログラム

PART 02  読む姿勢矯正ブレない心と体をキープするコツ
 Skill 01  呼吸
 Skill 02  マインドフルネス
 Skill 03  体幹
 Skill 04  習慣

 

 

 

 

中心となるのは「筋トレ」というより「ストレッチ」系です。

「鍛える」のではなく「あるべき状態に戻す」といったイメージに近いですね。

長年の悪姿勢で凝り固まった筋肉をほぐし、ずれてしまった骨や関節をもとの場所に戻すことが最大の目的になります。

 

 

私はトレーニングジムで筋トレのあとにストレッチをやっていますが、本書紹介のプログラム(ブリッジや背筋・肩甲骨系)を今日から取り入れたいと思います。

 

 

 

4週間で猫背を完全矯正し、仕事力を極限まで高める、最強・最速の姿勢矯正プログラム

姿勢が悪いということは、あなたの毎日、そして将来に多大なる損失を与えます。

 

 

仕事、お金、健康、夢、人脈……。

姿勢をよくすれば、そういったものすべてにプラスの影響が現れます。

 

姿勢矯正に成功し、疲れない体と輝かしい未来を手に入れるためにも一読の価値のある一冊です。

 

 

 

 

 

著者

ZERO GYM (ゼロジム)

ビジネスパーソンのための疲労回復専用ジム。ストレッチ×マインドフルネスの独自メソッドで、
脳疲労と身体疲労にアプローチする。「最高の脱力」を目指し、頭と体をリセットする75 分の独自プログラムを提供。

 

重森健太(しげもり・けんた)

関西福祉科学大学教授、博士(リハビリテーション科学)。1977 年生まれ。理学療法士。
聖隷クリストファー大学大学院博士課程修了。

ヒトの運動機能を多方面から分析する研究、および脳科学、
トレーニング科学の視点から認知症者の評価及びアプローチに関する研究に取り組む

 

 

<関連おすすめ>

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。