「加工食品の危ないカラクリ」2019/10/15 郡司 和夫 88点 [♯126]

年々進化する加工食品の世界。業界人だけが知る驚異の「フードマジック」最新事情を暴露する一冊です。

 

味覚や食感をコントロールする最新の食品技術によって演出される「マジック」を解き明かす。

価格変動リスクに対応する技術、代替食品を本物に限りなく近づける食品添加物……

食品添加物のデパート「食パン」、缶詰のサケのほとんどはカラフトマス、クリスマスケーキの製造日は3ヵ月前、加工肉製品の「茶色」はカラメル色素、あなたは知らない「超加工食品」の秘密が白日の下に!

 

 

 

 

 

こんなあなたにオススメです

 

コンビニで食品を買うことが多い

・外食が多い

・家族(特にお子さん)に安全な”食”を提供したい

 

 

 

 

オススメ、共感を得たフレーズ

 

はじめに

本当に「危ない」のは「知らされていないこと… 食品の作り手側との情報格差

 

 

1章 秘密

・クリスマスケーキ―1日で大量出荷されるケーキは「秋」に作られて冷凍保存

 凍結期間は、賞味期限にカウントされない

 

・マグロ―安価な「ネギトロ」の原料になる「ホソカツオ」や「ガストロ」

 

 

・日本人の食塩摂取源第1位はカップ麺

 ⇒発砲スチロールから出る有害物質、添加物… 食べ過ぎは禁物ですね!

 

 

 

 

・みかんの缶詰:都市伝説ではなかった皮むきに「塩酸が使われる」

立ち食いそばのそば含有量は「1割」というヤバイ真実

・安全係数(0.7~0.9)が入った賞味期限… 実際の賞味期限はもっと長い

 

 

 

2章 正体

タピオカ―主成分は炭水化物で高いカロリー… 着色料にカラメルやイカスミも
・フェイクミート―欧米で急拡大するフェイクミート 主な原料は大豆やエンドウ豆
健康への効果は疑わしい保険機能食品の「真実」
ブルーベリー「眼に良い」は根拠なし… アントシアンは腸でほとんど吸収できない

3章 超技術

・プロトン凍結食品―冷凍とは思えない冷凍食品が出現 食感と鮮度を保つプロトン凍結
・フリーズドライ食品―急拡大するフリーズドライ市場 油分の多いメニューも可能に

4章 添加物

・醤油―「子ども科学電話相談」でバレた醤油の添加物「酢酸ナトリウム」
人工甘味料―甘さは「砂糖の数万倍」…人体への影響は未知
紙コップ… 熱い液体を入れても漏れない耐熱コーティング剤(オビソゲン)の正体
 肥満や糖尿病リスクを高めるので、できるだけマグカップで飲むようにしたい
 
 ⇒マイボトルなら、エコにもなりますので強く推奨します!

・ペットに無意味な「着色料」… 安全性の低い食べ物だらけ

 飼い主は、犬約7割、猫約8割が市販のペットフードだけを与えている
 ⇒ペットは1年中、「添加物漬け」なので人間以上に生活習慣病になり、動物病院が繁盛しているのも納得できます

添加物が特に多い魚卵(たらこ、明太子)…おにぎりの具には注意

・植物性たんぱく質から作る「つくね」の知りたくない中身… ミートボール同様いかがわしいものが多い

5章 謎

・コンビーフ―空気を抜くために開発された「台形」巻き取り式の缶詰
・アイスクリーム―賞味期限の表示がない食品の1つ「品質劣化」は本当にないのか

 

 

 

 

 

この本の評価

  ■内容     :4.5

  ■読みやすさ  :4.5

  ■実践しやすさ :4.5

  ■健康リテラシー:4.0

  ■総合     :4.5

 

 

 

 

 

今日も、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

著者

郡司和夫

1949年東京生まれ。法政大学卒業後、出版社編集部長を経て1980年よりフリージャーナリスト。

 

 

 

 

 

関連おすすめAmazonカスタマーレビューなどの高評価からも厳選)

 

 

食品添加物には発がん性がある!?| 「安い食べ物」には何かがある 2016/12/31 南 清貴 89点 81冊目

 

 

今の医療や薬が認知症をつくっている| 「いつものパン」があなたを殺す: 脳を一生、老化させない食事 2015/1/16  デイビッド パールマター他 91点 56冊目

 

日本人が健康になる食事| 医者が教える日本人に効く食事術 2018/10/20 溝口 徹 92点 (♯118)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。