「老けない人はこれを食べている」2017/9/14 牧田 善二 88点 [♯61]

 

老化の最大の原因は、糖化だった。

これまで老化の原因とされていた「酸化=体がサビる」以上に、糖化=体がコゲる」ことで、人の体は老い、そしてあらゆる病気を引き起こしていることがわかってきました。

 

糖化の専門家でもあり、糖尿病専門医である著者が実際に患者さんにも指導している「いつまでも若く、病気にならない食べもの・食べ方」を紹介する「若返り食事術」の一冊です。 

 

 

こんなあなたにおすすめです

 

若く見られたい

・最近老けたように感じる

・不調続きなので食事を見直したい

・見た目が老けている

 

 

おすすめ、気になったフレーズ

 

老化を進める食べ物ワースト3 フランクフルトソーセージ、ベーコン、フライドポテト

・もっとも危険なフライドポテト、ポテトチップス

・おすすめの調理法は、「ゆでる」、「煮る」、「蒸す」

 

コーヒーは淹れたてのブラックがおすすめ

・内臓からあたため、免疫力を上げるしょうが

・無数の栄養素を含む最強野菜のブロッコリー

 

 

・進行した老化を元に戻してくれるブルーベリー

皮ごと食べれば医者いらずのりんご

栄養たっぷりの「食べる美容液」のアボカド

 

・見た目が老けていると、体の中も老けている

・何歳からでも人は若返る

 

 

 糖尿病・アンチエイジングの専門家である著者が、老化と病気に勝つ最新の食べ方と、オリーブオイル、レモン、ワイン、豚肉など、食べるべき30の食材を紹介しています。

 

 

魚はお刺身で食べましょう。肉はたたきやしゃぶしゃぶがお薦めです。野菜はレモンやオリーブオイルを添えて。ワインも一緒に楽しんでください。

毎日の食事を楽しみながら、いまより若返るためのメソッドが、たいへんわかりやすく書かれています。

 

 

 

 

 

 

著者

牧田善二

糖尿病専門医。北海道大学医学部卒業。ニューヨークのロックフェラー大学医生化学講座などで、糖尿病合併症の原因として注目されているAGEの研究を約5年間行う。北海道大学医学部講師、久留米大学医学部教授を経て、2003年に、糖尿病などの生活習慣病、肥満治療のための「AGE牧田クリニック」を東京・銀座で開業。延べ10万人以上の患者を診ている。

 

 

関連おすすめ

 

体によい食事術|「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」津川 友介 ★★★★84

 

【ダイエット】「50歳を過ぎても体脂肪率10%の名医が教える 内臓脂肪を落とす最強メソッド」池谷 敏郎 ★★★★89

 

若返るには|「アスリート医師が教える 最強のアンチエイジング食事術51 運動術26」黒田 愛美 ★★★★★92

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。