「世界最新の太らないカラダ」ジェイソン・ファン,多賀谷正子 2019/1/8 87点 [♯5]

 

 

本日「科学的ダイエット本の決定版」の紹介です。

昨日に続き医師の著書ですが、最新エビデンスと機密データに基づく良書です。

 

 

「何を食べるか」より「何回食べるか」で肥満は回避できる。

食べる回数が増えて喜ぶのはメーカーです。

 

 

特に間食が増えると必然的に砂糖の摂取量が増え、自身の体にはデメリットだけとなります。

 

 

 

 

 

ファスティング(断食)をで無理せずできる範囲、プチレベルから始めることが大切ですね。

 

 

まずは間食の回数を減らす朝食はフルーツだけにする。等々

継続することがなにより重要です。

 

 

“食事量”や“食事内容”、“運動”より、「食事の回数」がはるかに重要についてエビデンスに基づいていますので、わかりやすく、おすすめの一冊です。

 

 

著者

ジェイソン・ファン(Jason Fung)
1973年生まれ。医学博士。カナダのトロントで育ち、トロント大学医学部を卒業。

 

 

 

<関連おすすめ本>

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。